愛犬の重たい思い出

  小雨でなんだか蒸し暑い。霧が流れてるので晴れるかも。

b0088173_10282467.jpg
            大分県安心院町「岳切渓谷」(たっきりけいこく)
下は1枚岩。深さは10㎝~20㎝位で、数キロ続きます。
 夏になると涼しいので何度も早朝に出掛けてました。

いつものようにカメラと脱いだ靴をぶら下げて歩いていたら
 いきなり犬が目の前から消えてしまった・・・え~っ!!
カメラも靴も放り投げ消えた場所に行くと川底に深~い
穴が開いていてそこに落ち込んでバタバタもがいていた。

 犬が手を掛けようとしても岩なので爪が立たない・・
私も手を掴んで持ち上げようとしたが犬が36㎏もあるので
 重たくて1度目は失敗!!また沈んでしまった・・
 いやだーーっ、クマが溺れ死ぬーーー

火事場の馬鹿力とはよく言ったもので2度目に
持ち上がった・・全身ビッショリの犬を見ておかしいやら
ホッとするやら・・犬はその後遊歩道に近い場所を
歩くようになった。
  苦い経験をもとに学習したんだと思う(^。^)
by kuma3mimoza | 2006-05-07 11:09 | 今は亡き秋田犬クマ